IMG_2162
今日はバリ島にある海が見える開放的なヨガスタジオで見つけた心地よい言葉を紹介します◎

「ここにも、あそこにも。今も、その時も。
自然の中で自分自身を手放そう。そして平穏を見つけよう。」

ヨーガのアーサナを練習する時、私たちはマットの上で自我を手放すことを練習していきます。
ダイエットのために・・・!とか、
美ボディをつくるために・・・!とかのためにヨーガをするのではなく(最初のきっかけはそういう場合もあるかもしれないけれども)、ほんとうの自分を見つけるためにヨーガを練習するんです◎
ほんとうの自分って何?
そのお話は長くなりそうなので、またの機会にお話しますね。

さて。
この言葉は、私たちがヨーガの勉強を通して向かうべきゴールを見失わないための言葉。
または、ゴールに向かうためのヒントをくれる言葉やなぁと思います^^

忙しく過ぎていく毎日の中で、ふと立ち止まり、足下をみてみる。
たまには振り返ってみてもいい。
座ってちょっといっぷくもあり。
「あぁ!こんなに歩いて来たんや◎」とか、「あれ?この道でよかったっけ?」とか、「靴、汚れてきたなぁ・・・」とか。
きっと、いろんな思いがめぐるはず。
私たちはマットの上に立つたびに、自分の足下をみるんですね◎
そして、今自分が何を目指して歩いて来たのか再確認してみる。
毎日のアーサナ練習も、きっとその積み重ねやと思うんです。

放っておくと、ちょっとずつそれていく歩みも、
マットの上にくるたびに軸を再確認していく。

そんな練習ができれば、ひとまず上出来なんじゃないでしょうか。

身体の軸もそう。
心の軸もそう。

自分が自然の一部で、自然の中にある自分に気がつく。

まずは、マットの上で。
そこからはじめてみよう。