IMG_5451
ついにはじまった、Mama yoga with baby @ Yoga Studio Shantiさんでのクラス♪
記念すべき第一回目は「母乳育児」で頑張るママお二人が参加してくれました^^

何を隠そう、gayatreeこと私自身も現在、完全母乳育児真っ最中。
そんなわけで、今日は美味しいおっぱいとヨーガについて。

赤ちゃんにとって大切な母乳。
ママの血液を原料として乳房にある乳腺組織で作られているこの乳汁。
育児中のママはご存知の通り、産まれたばかりの赤ちゃんにとっては発育に必用な栄養と
外部ウィルスから身を守るための免疫抗体がたっぷり含まれてるんです。 

赤ちゃんがおっぱいを吸うことで乳頭が刺激され、子宮の収縮に関係するホルモン「オキシトシン」が分泌されます。つまり、赤ちゃんがママのおっぱいを吸えば吸うほど、ママの子宮も回復していくというわけです。

赤ちゃんだけでなく、産後のママにとっても必用不可欠な授乳。

ストレスフリーな授乳ライフをおくるためには食事の管理と乳頭マッサージが大切です。
例えば、乳腺や乳管を詰まらせないよう、脂質の多いもの、白砂糖、乳製品は控えるとか。
体を冷やす生野菜やパスタやパンなど小麦が原料の食べ物、カフェインの入った飲み物や冷たいお茶やジュース、ミネラルウォーターは控えるとか。
さらに、乳頭マッサージも、産婦人科のプレママ教室なんかで教えてもらえますし。

と、ここまではよく耳にするお話ですよね。

食事管理も乳頭マッサージも、プロの手によるおっぱいマッサージも大事ですが、
実はヨーガのアーサナ(ポーズのこと)も非常によく機能するんです♪

おっぱいは血液をもとにつくられている。ということに着目すると、
体の血流、特に上半身、さらには肩甲骨まわりの血流を良くすることがとっても重要なのです。
しかも肩甲骨まわりには、母乳の出をよくするツボがたくさんあるとか(助産師さんいわく)。

一日何回も行う授乳の姿勢も、鎖骨を広げ、背中の筋肉を意識しながら行うことで、胸が開き、
上向きのキレイなバストをつくるこにもつながります。
この日のクラスでは、授乳中にできるちょっとしたストレッチや、上半身だけのアーサナ、
赤ちゃんが寝たすきにささっとできるアーサナや、赤ちゃんと一緒に楽しめるアーサナをたくさん紹介しました^^

また、美味しいおっぱいのための授乳姿勢の紹介や、床に座っての授乳スタイル、椅子に座っての授乳スタイルも紹介しました♪

授乳にはじまり、授乳でおわる、あっという間の75分間!

この日参加してくれたベビー二人とも、ママの気配を察知してか、とってもおりこうさんでした^^
ママにとって、ベビーは何より大切な存在。
でも、ベビーにとってもママは何よりも大切な存在なんですね^^

私たちママはついついそのことを置き去りにしちゃいがち。
ママの心と体が健康であってこそ、楽しい育児ライフが過ごせるというもの。
この75分だけは、赤ちゃんよりも、ママ自身を優先的にケアできればなと思います◎
ママのケアはママ自身にしかできないからね^^

赤ちゃんに100%の愛情をそそげるように、
いつでもその余裕と元気があるように、
まずはママ自身も大切な存在だということを意識してもらいたい。

毎週火曜日の10:30〜Mama yoga with baby @ Yoga Studio Shanti (四条烏丸)で、
また来週もお待ちしてます^^